So-net無料ブログ作成
-| 2010年03月16日 |2010年03月18日 ブログトップ

ヴィンチェンゾ・ナタリ『SPLICE』ワーナー配給で全米6月公開決定!

『CUBE』『カンパニー・マン』のヴィンチェンゾ・ナタリ監督のSFホラー、『SPLICE』の全米公開がサマー・シーズンの6月に決定した。BOX OFFICE MOJOによると、『SPLICE』はワーナー配給で6月4日に全米公開される。既報通り『マトリックス』『スピード・レーサー』の名物プロデューサー、ジョエル・シルヴァーがこの作品に惚れ込んで、彼がロバート・ゼメキスと共に設立したジャンル映画専門の製作会社ダーク・キャッスルが配給権を獲得。宣伝費とプリント代に3,500万ドルから4,000万ドルを投じるというビッグな契約が成立した模様で、全米で3,000館以上の拡大公開となる。昨年の『パラノーマル・アクティビティ』に続く大ヒット・ホラーになるのではないかとアメリカの映画メディアは注目している。日本もワーナー配給で公開となるか?!ヴィンチェンゾは現在、SF作家J・G・バラードの原作を基にした『ハイ-ライズ』や、イギリスでベストセラーとなったSFファンタジーの映画化『トンネル』など多数のプロジェクトを同時進行中!(小林真里)■関連記事ヴィンチェンゾ・ナタリ次回作はポスト・ハリポタ映画?ダークキャッスルがヴィンチェンゾ・ナタリ新作『SPLICE』配給権獲得か?ヴィンチェンゾ・ナタリ監督新作SFホラー『Splice』、シッチェス映画祭でプレミア決定!

-| 2010年03月16日 |2010年03月18日 ブログトップ

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。